ラーメン屋さんの観察力

ラーメン屋さんで。会計の時に、「ご相席ありがとうございました」とレジスタッフに言われてびっくり!100人以上は入るお店なのに、誰が相席だったか、カウンターだったか見ているのです。プロだなあ(^O^)

私はめったにラーメン屋さんに行かないので、もしかしたら、これは「ラーメン屋さんの常識」なのかもしれないけど・・・。
新橋にあるチェーン店のラーメン屋さんで、遭遇したのがこの出来事です。

柱の陰になっていてレジから見えないところもあるから、きっと全員に言っているわけではないのだと思うのですが、本当に、相席だったお客様に「ご相席ありがとうございました」って言っていたのです。50歳くらいのベテランスタッフの方です。

混んでいるラーメン屋さんで相席になって怒る人はいないけど、やっぱり知らない人と一緒のテーブルにつくのは、あまり気持ちのいいものではありません。混んでいることを承知で入店してくださるお客様に対する、感謝表明は嬉しいですね。

お店って、やっぱり、お客様が入ってくださってナンボです。これからも、こういう心構えをずっと続けて、お客様に愛されるお店であっていただきたいですね。
[PR]
by mikinagato | 2007-04-23 01:33 | 飲食業

相手の環境を思いやろう

カップ入りアイスクリームをもらったけど、スプーンがなくてその場で食べられなかった。アイスって、溶けたらダメ、絶対に手では食べられないという特殊なお菓子。もっと注意して販売してほしい(怒)。

私がちょっと親切にしてさしあげたら、その方がお礼にと言って、カップ入りアイスクリームをくださいました。ちょっと高級そうな感じ。
でも!結局、食べられなかったのです。

理由は単純で、スプーンがついていなかったから。

お菓子屋さんがアイスを販売する時、やもすると、普通のお菓子と同じ感覚で、袋に入れるだけでホイって渡してしまうことがあるようです。でも、カップ入りアイスはダメなの。スプーンがないと絶対に食べられないし、通常の温度のところに置いておくこともできない。

逆を言えば、すぐに食べられる環境かどうかを確認しないで、アイスをプレゼントした方のセンスにも問題はあるのですが(ごめんなさーい)。

アイスクリームを差し上げる時は、ぜひぜひスプーンに注意してくださいね。
そして、誰かに何かを差し上げる時には、それを使っていただける環境なのかどうか、「相手への思いやりをもつこと」を徹底しましょうね。
[PR]
by mikinagato | 2007-04-13 19:04 | 小売業

歓送迎会の季節!花屋さんで、「予約したのに、花束ができていない」と立腹されているお客様をみかけました。歓送迎会のメインイベントである花束贈呈なのに、なんだか台無しにされた気分ですね(>_<)

3月末から4月にかけて、年度替りです。特に役所関係では、人事異動がとても多い季節ですね。私も、大変お世話になった方々とのお別れがあり、本当に悲しいかぎりです。でも、4月から新しく出会う人もたくさん!がんばらなくちゃ。

さて、歓送迎会でつきものといえば、花束です。特に女性だと、お花をもらうと本当にうれしいですよね。でも、歓送迎会の中でも花束を渡すタイミングって絶妙です。まさか、お花が間に合わないなんて、そんなことがあったら怒りまくりますよね。

でも、私が先日たまたま立ち寄った花屋さんで、本当にあったんです。電話で予約をうけたのに、その花屋さんでは「予約内容を書いたメモ」を紛失してしまったもよう。

お客様     「男性の方が電話にでて、予約したんですけど」
女性スタッフ  「○○くーん、ちょっと~。予約の電話うけた??」
男性スタッフ  「はい、確かにうけて、メモはそこに貼っておきました」
女性スタッフ 「でも、ないじゃないの!」

と、こんな具合で、スタッフ間で言い合いになっています。

でも!お客様は、花を買いに来たんじゃないですよね。お別れする人に「今までの感謝&今後の親交」の気持ちを伝える道具を買いにきたわけです。その気持ちをくめば、言い合いなんかしている場合じゃなく、すぐに謝って、至急、花束を作ることが第一ではないでしょうか。
もし花束が遅れて、会に間に合わなかったらどうするつもりなのでしょうか。

お客様の気持ちが最大限効果的に伝わるように、花屋さんはせいいっぱいのお手伝いをするべきなのではないでしょうか?
[PR]
by mikinagato | 2007-04-01 23:29 | 小売業

中小企業診断士/ITコーディネータとして活動する、経営コンサルタント 長戸美樹のサイトです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30