仕事で訪問した商店街に、先日お買い物に行きました。皆さん親切で、パンやお魚を「持ってって」とプレゼントされて感激!人情味&取り扱い商品へのこだわりを持つお店の商品は、やはりとても美味しい!

http://www.midoricho.com/
私が仕事でなんどかお伺いしている、東京都足立区の千住緑町商店街。最寄駅は、京成線の千住大橋駅です。

仕事で伺うのは、いつも夜8時からなので、お店は閉まってしまっているんです。もちろん、商店街のみなさんが営業を終えたあとで伺うので、仕方ないのですが・・・。

でも、皆さんが作っていらっしゃるブログを拝見して、「とっても美味しそう。絶対食べたい!」と思っていた私。そこで、京成沿線で午前中に仕事が終わったある日、千住大橋駅で途中下車して、商店街へお買い物に行きました。

普段、夜にお目にかかる時は私服のみなさんも、昼間の仕事中はもちろんお仕事モード!でもお忙しいにもかかわらず、私の顔をみると店頭にでてきてくださり、お話をしてくださいました。

そして、お買い物をした私に、おまけの商品までつけてくださり、本当にありがとうございました。

http://blog.goo.ne.jp/palette_kona/c/5ebf6fba9d7126e335116d947a1d456d
大人気のコロッケパンをはじめ、しっとり&噛み応えのあるパンを作っているパレットさん。
私はいただいたコロネの大ファンになってしまいました!普通のコロネって、パンが妙にぱさぱさだったり、噛むとフニャと潰れてしまったりしませんか?
それがパレットさんのは、噛んだ時にしっかりしているんです。この食感、「美味しいパンを食べている」と実感できますよ。あー、今すぐにでもまた食べたい。

http://jyungen.exblog.jp/2408171
朝まで生きていたカニを茹でて売っていらっしゃる魚源さん。
このカニだけでなく、お刺身全部がめちゃくちゃ美味しそう。
「足立区の中で一番美味しい」とおっしゃるだけのことはあります。

いただいたカニ、家族中で堪能いたしました。うちの2歳と4歳の姪が、殻から取ってあげるとすぐに食べてしまって、危うく大人の分がなくなりそうに!私が食べていると、「もっとほしい~」とせがむんです。
子供たちがこんなにカニを食べたのは初めて。変な先入観のある大人と違って、本当に美味しいものがわかる子供ならではですよね。


この2店の共通点は、1)自分の商品に自信とこだわりを持っている、2)でも驕らない(おごらない)ということだと思います。この2つを両立させるのって難しいんですよ。この人情味あふれる千住緑町商店街らしい、素晴らしいお店だと思いました。

また仕事でお邪魔する時には、ぜひパンとカニを取っておいていただくようにお願いします。もちろん、昼間に立ち寄れる時には伺いますね!これからもどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mikinagato | 2005-11-30 04:14 | 小売業

お客様とのコミュニケーション方法には、電話・はがき・メールの他に、お客様のホームページやブログへの書き込みも!自店のことを書いて下さったら、お客様のサイトにお礼のコメントをつけましょうね。

自分が気に入ったお店にホームページがあれば、ついついアクセスする機会が多くなりますね。ブログや掲示板があれば、書き込みをする時もあります。

そんな時、相手先のお店の方が、きちんとお礼のコメントを入れてくださったり、逆に、私のブログを訪問していただくと、とっても嬉しいものです。離れていても、きちんとつながっている、相手のことを考えている・・・という感じ。コストパフォーマンスが良いという点でも、ネット上のコミュニケーションは、もっとどんなお店でも活用していただきたいと思います。


さて、私個人の話。
ネット上の文字でも、不思議と気持ちって伝わりますよね。支援先のお店の方が、私のブログに「感激です」とかコメントをつけてくださると、その方が本心から喜んでくださっている様子が目に浮かぶようです。

私が今コンサルティングをさせていただいているお店や会社、ほんとうは毎日でも通っていろいろ支援させていただきたいけど、もちろん物理的・時間的制約があって毎日は通えません。でも、クライアントの皆さんが書いていらっしゃるブログを見れば、お仕事の様子が垣間見えます。単なるメールのやりとりよりも楽しいな!

これからも、支援させていただいている皆さんとのブログ上でのコミュニケーション、どんどん楽しんでいきたいです。
[PR]
by mikinagato | 2005-11-28 01:18 | インターネット

あるデパートのコート売り場で。スタッフが寄ってきて、「着るだけならタダだよ」って無理に試着させられそうに!高くても、納得できる良い商品が欲しいお客様にとっては、逆効果の誘い文句ですよね。

だいたい、上記の時の私の気持ちは、想像していただけると思います。

実はこのとき、すでにあるコートを一枚決めて、梱包待ち(カバーをつけたり)をしていました。なんとなく、ほかのコートを見たり、触ったりしていた私に、「着るだけならタダよ」っていきなり黒いショートコートを手に持って着せようとする販売スタッフの方が寄ってきたのです。

一瞬、何を言われているのか、よくわかりませんでした。

私、このときは、コートを買う気は十分にあったんです。でも、自分のこだわりにあったものをゆっくり選びたい。それが私のスタイルです。
わけわからずに、がんがん試着して、あやふやなうちに購入してしまうようなお客様とは、私は違うんですけどね。

この販売スタッフの方には、申し訳なかったけど、「あなたのそういう言い方、好きじゃないので」と言って、その場から立ち去りました。そして、コートの梱包が整ったので、私はレジに行き、自分のクレジットカードを出してサッと精算しました。

私にむりやり試着をすすめた人は、私がそのデパートの外商カードで精算するのをチラッと見ていました。きっと、ショックだったでしょうね。
外商客なら、本当は多少は高価な商品でも抵抗なく買うものです。そんな私に安っぽい接客をしてしまったんですもの。

まあ、その日、私も自宅の近くのそのデパートに行くのに、ほとんどノーメークでカジュアルな服装をしていたので、安っぽく見られても仕方なかったかも。自分の身なりも反省しないといけませんよね・・・。

でも、どっちにしても、お客様を見下すような、馬鹿にするような発言は、絶対にやめたほうがいいです。販売職についている方は、自分なりの「禁句集」などを作っておくといいかも知れませんね。

販売・サービスは、本当に大変な仕事です。でも、お客様に喜んでいただけた時の喜びは、かけがえがないものです。ぜひ、毎日がんばってくださいね。
[PR]
by mikinagato | 2005-11-24 20:48 | 小売業

いやな気持ちになる話題のひとつが、自慢話です。有名なフレンチレストランで、シェフがいかに有名人の知り合いが多いかを自慢するのを見て、疲れてしまった。お客様の前で威張るあなたは、間違ってます!

これは、ずっと昔、東京都中央区京橋のあたりにある、本当に有名なフレンチレストランの話です。シェフが、「三菱○○の××専務を知ってる」とか、そういう話をずっと、お客様にしているのです。私の隣のテーブルの、おじさんたち連中に。

「えっ、そんな人も知ってるの?」

って、そのおじさんたちがびっくりするのが嬉しかったみたいで、そのあともずっといろいろな方の名前を出していました。ほんと、「シェフ、ご満悦」ってかんじでしたよ。


でも、このレストランに限らず、自分を主語にした自慢話ばっかりする人っています。これね、ようするに、自分のことしか考えてないんですよ。

自分がやったことで、「相手=お客様」がどれだけ喜んでくれたか・・・という視点で話せばまだいいと思うのですが、自慢する人って、絶対に「主語が自分」ですよね。

たとえば、ブログでも「僕は、○月○日に××をしました」って自分を主語にしたことしか書かない人もいるんですよね。そんなの読んでも、ぜんぜん面白くない。あなたは一人で仕事をしているわけではないでしょう?

皆さん、ぜひ「お客様を主語にする」ことをぜ徹底して、深みのある文章を書いたり、会話をしたりすることを心がけましょうね。そうすれば、単なる自慢話はなくなるはずですよ。
[PR]
by mikinagato | 2005-11-21 00:17 | 飲食業

心に染み入る優しさ

ある会社への訪問時、のどが痛くて咳き込んでいた私。すると、次の訪問で、はちみつ入りのハーブティーが用意されていた!美味しさと優しさに感激♪人間らしい思いやりにあふれた素晴らしい行為ですね。

http://lulushop.exblog.jp/

今、風邪をひいたせいか、のどの調子が悪くて、咳き込んでしまうことが多い私。お取引先の皆さんにも心配をかけてしまう今日この頃。

そうしたら、今、私がネットショップ開設のお手伝いをさせていただいているお店で、このような状態の私のために、「のどにいいから」とおっしゃって、蜂蜜を用意してくださったんですよ!!

その優しさだけで、もう、のどの痛みなんかとんでしまいそうですよね。

この涼子さんのお人柄なら、このネットショップも間違いなく成功するでしょう。ショップ開設の準備は大変だけど、ぜひがんばってくださいね!!一緒に楽しみながら、準備を進めていきましょう!
[PR]
by mikinagato | 2005-11-17 15:04 | 小売業

雑貨ショップで。フェアのチラシを持参すると、プチプレゼントがもらえる日。チラシを持参した私だけでなく、一緒にいた友達も同じものを貰いました。お客様を大切にする心は、こういうところに表れる!

皆さん、サービス券を1枚もっていて、友達と一緒にお店に行き、自分だけがそのサービスを受けてしまったことってありませんか?一緒にいった友達には、ちょっと申し訳ないな・・・と思ってしまいますよね。

私が昨日訪問した、月の工房さん。チラシを持参した私だけでなく、友達にも、プチプレゼントの一輪挿しをプレゼントしてくださいました。こういう気遣いって、マニュアルで動くお店ではできないことですね。

これからも、その優しさで、多くのお客様を幸せにしてくださいね!
[PR]
by mikinagato | 2005-11-14 11:29 | 小売業

忙しい毎日、ついついお昼はサンドイッチをつまむだけになりがちな私。でも、「はさむ具がおいしい」「会計をさっと手早くしてくれる」店で買うようにしてます。忙しくても、美味しいものが食べたいもん!


毎週、月曜・木曜更新だったのに、昨日はできませんでした。ごめんなさい。
さて、忙しくて、毎日のお昼はたいてい、「移動中の電車の中」でサンドイッチを食べる私ですが、それなりに購入するお店にはこだわっています。

一番のお気に入りは、JR新宿駅の南口、いわゆる「エキナカ(駅の中)」の成城石井ですね。

買収劇があるなど、いろいろ言われているものの、世田谷区在住の私としては、やはり「昔から成城学園の駅前にある、美味しいスーパー」という印象が強いです。お水とかサンドイッチとか、いわゆるJR系などの普通のお弁当屋さんやコンビニとはぜんぜん品揃えが違うんですよ。

昨日食べた「クリームチーズと洋ナシをはさんだ、ハニーレーズンのベーグル」、とっても美味しかった~。熊谷に向かう高崎線の中で、美味しくいただきました。さすがの私も、大宮までの埼京線の中で食べる勇気はなかったので、大宮を越えてから食べたのです(>_<)

レジでの会計も実に手早くて、とってもうれしかった。

「エキナカで買う人は、移動中」で、つまり時間に追われている人がほとんどですよね。でも、どうせなら美味しいものを買いたい!成城石井のようなお店がエキナカにあることは、ほんと、バンバンザイです!
[PR]
by mikinagato | 2005-11-11 07:33 | 小売業

行く気にさせるDM

雑貨ショップから、「手作り雑貨フェア」のご案内が郵送で届きました。それはなんと、封筒が竹筒で、その中にチラシが入っていた!さすが、インパクトありますね。これは次の日曜日、お店に行かなきゃ!

d0051725_2101619.jpg


私が最近受け取ったDMで、思わずうなったのがコレです。これ、郵送で届いたんです。
竹筒なんですけど、この中にチラシが入っていました。いわゆるDM。

でも自然で、この雑貨ショップらしくて、ホントにお店の方々の心遣いが伝わってきますね。次の日曜日、ちょうど友人と会う約束をしていたので、このお店に一緒にいくことにしました。楽しみ☆彡

この前紹介したばかりですけど、「月の工房」さんのお話をまた書いてしまった。でも、ほんと、のんびりできて、とても落ち着くんですよ。
http://moon-kobo.seesaa.net/

板橋区や和光市近辺にお住まいの方は、ぜひ一度、足を運んでみてくださいね!
[PR]
by mikinagato | 2005-11-07 02:18 | 小売業

レストランで。注文したお料理は来たのに、なぜかワインが来ない。お店の方に確認したら、「申しわけございません」と本当に申し訳なさそう表情で謝ってくれました。気持ちが伴った行動って大事ですね。

今日11月3日の昼間、ファミレスに入ったのですが、休日だけあって、とっても混んでいました。一緒に行ったのは、私の両親・私の妹・妹の子供2人(4歳と2歳)の計6名です。

それで、何とか座って注文し、お料理は次々と運ばれてくるのですが・・・来ないんです。ワインと、子供が頼んだスープが(-_-;)

食べ物よりもスープのほうが先だろうし、飲み物も普通、先にきますよね。店が混んでいて、忙しいのはわかるのですが。

実は今日は母の誕生日。子供が小さくてファミレスしかいけないけど、それでもワインを飲んで乾杯しようと思ったのに、これではどうしようもありません。

それで、スタッフの方に「ワインがまだです」と申し上げたところ、「申し訳ございません」と、本当に申し訳なさそうな顔をしてくださいました。、ワインももちろん、すぐに運ばれてきました。
その方の表情が本当に済まなそうにしていたこと、すぐにワインを持ってきたことで、私ももうこれで勘弁してあげまして、その後、無事に乾杯することができました。

ミスをした時は、言葉だけでなく、表情を含めた身体全体でお詫びの気持ちを示す。
すぐにリカバリーする。
これさえ実行できていれば、お客様がそれ以上怒ることはないでしょう。今日のスタッフの方、お忙しい中、どうもありがとうございました!
[PR]
by mikinagato | 2005-11-03 18:48 | 飲食業

中小企業診断士/ITコーディネータとして活動する、経営コンサルタント 長戸美樹のサイトです。