真夜中に、都市銀行のインターネットバンキングで振込み中、突然、使用不可に!土曜日のAM3時から使えないらしい。そんなの知らないよー。使用不可になる時間帯のこと、もっとわかりやすく告知して!

夜中に振込みをする私が悪いのかしら?でも、たとえば、土曜日のAM2:30を過ぎたら、「もうすぐ使えなくなりますがよろしいですか?」のような表示をログイン画面に出しても良いと思いませんか??

お客様の気持ちを考えて、思いやりあふれたシステムを作ってほしいなー。本当に。
[PR]
by mikinagato | 2005-06-30 02:45 | インターネット

ネット専用銀行での振込み時に。名前と一緒に7ケタの数字を記載しようと思ったら、なんと送信人表記は10文字までとのこと!結局、自分のフルネームが書けず、振込みを断念しました。使いにくいよー。

ある代金を、インターネット専用の銀行から振り込もうと思った私。普通の銀行のネットバンキングよりも、振り込み手数料が安いんですよね。

さて、その振込みには、「7ケタのお客様番号」と名前を記載するように指示がありました。私が7ケタの数字と、自分のフルネームを打ち込もうと思ったら、なぜかできない。説明をみると「記載は、全角10ケタまで」と書いてあるのです。

えー、でも「お客様番号は必須」と、支払先の会社からは指示されているし。もし番号だけで送ってしまったら、番号自体が間違っていた時には、自分ではない人が振り込んだことになってしまう。どうしよう・・・。

結局、このネット専用バンクでの振込みをあきらめ、普段使っている「都市銀行のネットバンキング」での振り込みにすることにしました。

さて、私は無事に振込みできたのでしょうか??続きは、木曜日に!!
       * ブログのタイトルからして、木曜日の展開は予想がつきますねっ。 
[PR]
by mikinagato | 2005-06-27 01:01 | インターネット

地方の土産物店で。これから新幹線に乗るため、手持ちの大きな花束をしっかり包みたかった私。そこで、無理を承知で頼んだら、快く、もちろん無料で丁寧に包んでくださった!旅先の親切、心に染みます。

この日曜日、とてもお世話になった方のご葬儀に参列するため、山形県に行ってきました。ご葬儀の帰り、供花を分けていただいたのですが、私は新幹線に乗って東京まで帰らなくては行けません。なので、「このお花、もう少ししっかり包みたいなあ」と思った私。

そこで、JR米沢駅2階の観光物産店で、喪服姿のわたしは無理を承知で、「申し訳ありませんが、包んでいただけませんか?」とお願いしたのです。そうしたところ、

     「標準語をしゃべるお客=これから新幹線に乗る」

とスタッフの方が推測してくださったようで、「そうですよね(お困りでしょう)」と言って、丁寧にお花を包んでくださいました。

・・・持ち帰ったお花の中に、百合のつぼみがあったのですが、今日、とてもキレイにお花が開きました。天国のSさんが見守ってくださっているような気持ちです。遠かったけどご葬儀に参列できてよかった。

このようにお花が開いたのも、丁寧に包んでくださったスタッフの方のおかげですね。私が「遠くまで帰るお客さん」であることをしっかり推察して、親切にしてくださり、本当にありがとうございました。
[PR]
by mikinagato | 2005-06-20 11:31 | 小売業

常連さんのためにいつも美味しいネタを用意している居酒屋さん。丸一日働いて疲れを癒しにくる常連さんのことを思えば、いい加減なお料理は出せませんね。通い続けてもらう秘訣は、誠意だと思います!

私が最近仕事で通っている商店街。打ち合わせがおわってから、たいてい、その商店街の理事さんたちと一緒に、居酒屋さんでちょっとだけ飲んで帰ります。
その居酒屋さんはチェーン店なのですが、ネタの独自仕入をしているようで、焼き鳥のお肉とかとっても美味しいんですよ。びっくり!

するとその商店街の方が、「この店で、俺たちにヘンなものだすわけないよ。誰よりも厳しいお客だからね」とおっしゃっていました。

常連客というのは、お店の失敗を見逃してくれるような「甘いお客」ではないんですよね。その店の良いところも悪いところもしっかりと見つけてくれて、褒めてくれたり叱ったりしてくれる。本当にありがたいお客さんです。

良い常連がいる店は、絶対に良いお店。そう思います!
[PR]
by mikinagato | 2005-06-17 08:31 | 飲食業

通行客と住民

多くの古着屋さんがある街の100円ショップで。通行客は若者が多いけど、店頭には杖が置いてある!商店街の裏手は昔からの住宅街で、ご老人も多く住むこの街。住民と通行客の両方を考えた品揃えって大事!

先週、仕事で東京都杉並区高円寺の商店街を訪問しました。阿波踊りで有名なこの商店街は、若者が多く集まる「古着の街」。
でもそれだけではないのです。一歩入れば、ここは古くからある住宅街ですね。いわゆる100円ショップの店頭に杖がおいてあったのにびっくりしましたが、「杖を買ってみようかな?」という年代のお客様もきっと近くにお住まいなのでしょう。また、ご老人でなくても、ちょっとしたトレッキングの時など杖は必須だし、きっとニーズがあるのでしょう。

私が住む街の100円ショップは、飲み物やティッシュなど、日々の消耗品が店頭に置いてあります。「街の特性にあわせて店頭を変える」のは店の鉄則ですが、これからも、いろいろな街の100円ショップをWATCHしたいなと思いました!
[PR]
by mikinagato | 2005-06-13 09:02 | 小売業

インターネットショッピングで、本当に少量のお買い物でも送料負担ゼロのお店があります。これで本当に利益は取れてるの?「仕入れた商品を売るお店」の利幅を考えると、買い物していて胸が痛い(>_<)

先日、3点で3,000円少しの買い物をしました。そこは、3,000円以上買うと送料が無料になるのです。でも!!在庫が全部揃っていなかったようで、3点がそれぞれバラバラに、3回に分けて配送されてきました。メール便ではなく普通の宅配なので、送料は1回500円としても、1,500円かかっているはず。
これではお店は全くの赤字ですよね・・・。申し訳なくて、次は逆に買えなくなってしまう。私は、お店に迷惑をかけるために買い物してるわけじゃないんですけどね。
[PR]
by mikinagato | 2005-06-09 15:14 | インターネット

翌日の子供の運動会で使うものが見つからず、夜遅くにお店まで買いに走ることに。遅くまでの営業に、本当に感謝!早朝から開く文具店、夕方にレジ台数を増やすスーパーなど、消費者としてやっぱり嬉しい。

私は自分の子供がいるわけではないのですが、妹夫婦が近くに住んでおり、妹の子供2人がたいてい我が家にいるのです。おじいちゃん・おばあちゃんがいますからね。
それで、この日も「上履きがない」ということになったのですが、近くのお店が22時まで開いており、購入が間に合ったのです。
24時間営業のコンビニでは売っていないものが、どうしても必要になる時ってあるんです。

小売業のみなさんも、ぜひぜひ、「商品を買いにくるお客様の生活習慣」を考えて、自店の開店・閉店時間の見直しを図ってみてくださいね。
[PR]
by mikinagato | 2005-06-06 04:38 | 小売業

よく通う地元のレストランが、雑誌に掲載された!それによると、オーナーは有名レストランの元ソムリエだったそう。でも、過去の経歴をひけらかしたり、いばったり絶対しない。自然体でさわやか、最高!

このフレンチレストラン、ほんと~うに美味しいんです。ワインも直輸入されているそうで、とても質の高いものがリーズナブルにいただけます。でもなんといっても、オーナーの方のお人柄が最高です。

私、この方を雑誌で見て、初めて「こんなにすごいレストランで、ソムリエだったんだ」と知りました。そりゃ、ワインにも詳しいはずですね。でも、オーナーの方にとっては、昔の経歴よりも、今の「自宅で開いた気軽で温かいレストラン」が、自分らしい場所なのでしょうね。
[PR]
by mikinagato | 2005-06-02 17:51 | 飲食業

中小企業診断士/ITコーディネータとして活動する、経営コンサルタント 長戸美樹のサイトです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30