人を支える仕事の大切さ

学校の事務局で。講師を務める私に、こちらからお願いしていないことでも、的確にきめ細かくフォローしてくださるスタッフの皆さんに感謝します。「人を支える仕事」って、実は本当に要なんですよね。


私は毎週木曜日、東京都町田市にある東京田中短期大学で教壇に立っています。非常勤講師として、ファッションビジネスやIT活用に関する講義を担当しているのです。
 * この次の土曜日、27日は文化祭があり、ファッションショーもあります。
   でも私は、仕事があって、見に行けないのです・・・残念。

私は非常勤講師なので、週1回しか学校に行きません。でも、休講連絡や書類提出など、講義のある木曜日以外でも、学校と連絡をとる機会がいろいろあります。

その時に対応してくださるのが、事務局の皆さん。私の顔を見ると、特にこちらからお願いしなくても、さっと必要な書類を出してくださったり、的確な判断と気遣いのもとで対応してくださることを、本当にありがたく思っています。
「人を支える=受身でいい」ってことは絶対にないんですよね。下請け感覚でなく、あくまで能動的に「どうやったら、上司の仕事がスムーズに進むか」を真剣に考えて実行することが大切です。


いつの間にか、どこに行っても「先生」と言われて、いろいろな人に気を遣っていただき支えていただくようになっている私。
でも元はといえば、私も、総合商社の一般職(営業補佐っていうんでしょうか)だったり、社長秘書だったり、人を支える仕事をしていました。なので、人を支えることがどれだけ大変かは、よくわかっています。

営業補佐や秘書の仕事って、日ごろからどんな準備をしておくべきか、どこまでだったら仕事を代行していいのかなど、きめ細かい判断力と実行力が必要になるんです。その判断をまちがったり、実行がとろかったりすると、自分が支えるべき上司やお客様に多大な迷惑がかかります。

人を支える仕事に向かない人は、この判断ができない人が多いです。例えば私が「お客様に○○って伝えておいてください」って頼んだことを、あたかも自分の権限で決めたことのように伝達したり・・・。
最近の体験でいうと、お客様に対して「長戸からの指示で、○○をお伝えいたします」と言うべきところを、「○○してください」ってあたかも自分からの指示のように伝えてしまった人がいました。私は本当にびっくりしました。勘違いはなはだしいです。
こういうことが続くと、私としては、安心して仕事を任せられなくなってしまいますね。


通常のお店では、店長1人にスタッフ数名とか、「支える仕事」をする人のほうが「支えられる人」よりも人数が多いですよね。となると、やっぱり、店長としては、「自分のことを適切に支えてくれる人」にどうしても仕事を頼みたくなるのが人情です。
そうやって仕事を頼まれる機会の多いスタッフは、より多くの経験を積み、成長も早くなります。

こういう人は、お客様への対応も的を射ていて、お客様からも好かれます。一事が万事、なんですね。
逆に、上司を適切に支えられない人は、お客さまからも「頼りない」とか「生意気だ」とか思われて、さらにはお客様から上司あてに「あの部下は何なんですか?」みたいにクレームが入ったりもするのです。
となると、余計に、上司の仕事が増えてしまう・・・。


あなたは、「上司から、安心して仕事を任せてもらえるスタッフ」でしょうか?
一度、自分の普段の態度をよーく考えてみてくださいね。
「上司から安心して仕事を任せてもらえる=お客様から愛される」だと思うなあ。
[PR]
by mikinagato | 2007-10-25 17:10 | どんなお店でも

中小企業診断士/ITコーディネータとして活動する、経営コンサルタント 長戸美樹のサイトです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31