手書き文字の安らぎ

ハーブ&アロマを扱う小さなショップで。お店が狭いので、品揃えは多くない。でも、手書き文字の丁寧な商品説明に、安らぎを感じました。お店のスタッフが選び抜いた「商品への愛情」がこもってますね。


お世話になっている人へのプレゼントを買いたくて、地元のお店に立ち寄ってみました。今まで何度も店の前を通っていたのですが、入る機会がなかなかなかったのです。
そこは、商店街の一本裏手にある、小さなお店。でも、店頭がガラス張りなので、何を扱っているかはすぐにわかります。ハーブやアロマテラピー関連の商品です。

私、アロマのエッセンシャルオイルなどは、いつもネットショッピングで購入しています。ネットショップだと、いわゆるロングテールの法則で、「珍しい商品でも、良く揃っている」のが特徴です。でも、実店舗だとやっぱりそうはいきません。あのお店はたぶん5坪くらいです。なので、置ける商品数には限りがあります。

でも今回、「えーい、いい機会だから行ってみよう」と思い立ち、店内に入ってみました。まだオープンしてそれほど経っていないので、お店のスタッフもなんだか慣れない感じ(たどたどしい、初々しい挨拶でした)。

店内はやはり、想像したとおりで、私が普段ネットショップで見ているような、しかもその中でも代表的な商品ばかりが揃っている感じ。品揃えが見劣りすること、これはしかたありません。

でも、商品のひとつひとつに、小さな紙に丁寧にかかれた「手書きの説明」がついていて、そのなんともいえない温かみが良い感じ♪これはさすがに、ネットショップでは表現できないですね。

私はしばらく店内をゆっくり見て、プレゼント用のハーブティーと、この前あるネットショップで買ったものとまったく同じ「タンス用防虫剤」を買いました。
* タンス用防虫剤は、ハーブ成分をしみこませた、いわゆる化学製品ではないものです。

お店が狭いことや、小規模ショップとして「在庫リスクを最小限に抑えたい」ことなどから、これからもこのお店はあまりたくさんの種類を店頭に揃えることはできないでしょう。
それでも、私は、店長やスタッフで「自信をもって選び抜いた商品」を宝物のように店頭に置くことで、お客様にはその価値が十分に伝わると思います。ネットショップや大規模ショップと、無理に競うことは必要ありませんね。
これからはぜひ、無難な売れ筋商品だけでなく、少しでも「店長セレクト」の特徴ある商品も置いていっていただきたいと思います。地元のお客様の嗜好がわかってくれば、きっと可能でしょう。がんばってほしいなあ。
[PR]
by mikinagato | 2007-10-15 00:52 | 小売業

中小企業診断士/ITコーディネータとして活動する、経営コンサルタント 長戸美樹のサイトです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31